ササニシキの出穂・開花と大豆の開花

お盆を過ぎ、信州の山里では暑さもピークを過ぎて、朝晩は涼しさを感じるようになりました。

野ではススキが穂を出し、ワレモコウも見かけるようになり、ツクツクホウシやコオロギが鳴きはじめ、季節は秋へと移りつつあるようです。

田んぼではササニシキが出穂・開花の真っ盛りです。

暑さのお蔭で今のところ順調に生育しています。

この時期は水を欲しがると言われているので、水を切らさないよう水管理に気を付けます。

写真は草の管理が比較的うまくいった所。

うまくいかなかった所は、草に負けてもっと貧弱な感じですが・・・。

穂が出揃い風に揺れる光景は本当に美しいです。

 

栽培経過をほとんどアップしていなかった大豆ですが、こちらは草にも負けず順調です。

6月下旬に種まきをして、その後除草を兼ねて一度土寄せをしただけ。

稲と比べると本当に手間がかからなくてありがたいです。

こちらも花盛り。

紫色のかわいい花を咲かせました。

開花の時期は水分が必要と言われているのに土はカラカラ。

そろそろ雨が欲しいところです。

よろこぶつち農園のブログ

http://yorokobutsuchi.blogspot.jp/

日々の作業の様子や販売のお知らせなど。

よろこぶつち農園Facebookページ

https://ja-jp.facebook.com/Yorokobutsuchi

よろこぶつち農園

オンラインショップ

http://yorokobutsuchi.cart.fc2.com/

農産物はこちらから購入していただけます。