お米の籾蒔き完了

先日、お米の種まきをしました。

約20日近く冷水で浸漬していた種籾を少し温度をかけて催芽します。

写真はササニシキ。

写真では分かりにくいかもしれませんが、芽が少しだけぷちっとはじけたらOK。

もち米は温度をかけなくても冷水に浸漬しているだけで芽が出てきました。

 

そして床土の用意。

近所の山土をふるって、籾殻燻炭を混ぜたものです。

肥料分は入っていません。

苗箱に土を詰めて、手回しの播種機で蒔いていきます。

 

播種機の調整で1穴当たり2~3粒入るようにしたいのですが、なかなか思うように入ってくれません。

5~6粒とあまり多い所はピンセットで調整します。

この調整作業に結構時間がかかってしまいます。

全部で200枚あるので大仕事です。

 

灌水した苗箱をあらかじめ作っておいた苗代に並べていく床伏せです。

育苗は全くの無肥料では厳しいことが多いので、苗代には冬から春先にかけて米ぬかを振ってあります。

田んぼで穫れたお米由来のものなので自然なのではと思っています。

芽を出した苗は苗箱の下の穴から下の泥に根っこをのばして大きくなります。

いざ苗箱を並べようとしたら、丁寧に平らに均しておいたはずなのに、猫の足跡がいっぱいでびっくり。

慌てて泥で足跡を埋めながら平らに均し直し、何とか並べることが出来ました。

困った猫たちです。

 

200枚、何とか並べ終わりました。

最後は保温シートをかけて完了です。

ちゃんと芽を出してくれるかな?

 

よろこぶつち農園のブログ

http://yorokobutsuchi.blogspot.jp/

日々の作業の様子や販売のお知らせなど。

よろこぶつち農園Facebookページ

https://ja-jp.facebook.com/Yorokobutsuchi

よろこぶつち農園

オンラインショップ

http://yorokobutsuchi.cart.fc2.com/

農産物はこちらから購入していただけます。