念願のお醤油搾り

昨日、同じ地区内に住む搾り師さんの来ていただいて、念願の手前醤油を搾りました。

この地に引っ越してきて以来ずっとやりたいなと思っていたのですが、なかなか余裕がなくてできずにいました。

昨年の春に、畑で穫れた自然栽培の大豆と小麦を使って麹を起こして、もろみを仕込み、約一年を経てようやく醤油になります。

これは醤油を搾る「フネ」と呼ばれる道具です。

布の袋の中にもろみを入れ、それを「フネ」の中に重ね入れて搾っていきます。

 

ちびっ子たちもたくさん来てくれて醤油なめまくりです。

これはまだ搾る前の、もろみに沸かしたお湯を入れてよく混ぜ、もろみの成分をお湯に溶かし出している状態ですが、この段階からうまみが濃くてかなり美味しい。

そしてきれいな琥珀色のお醤油が出てきました。

濃厚なうまみと上品な香りがたまりません。

 

最後はお湯を沸かした時の残った釜のお湯で手打ちうどんをゆで、

残った熾火でお餅を焼いて、搾りたてのお醤油をつけて食べました。

写真には撮り忘れてしまったのですが手作り豆腐も。

搾りたてのお醤油をたっぷり味わう美味しい一日でした。

子供たちにとっても良い経験になったのではと思います。

 

昔は、この辺りでも、それぞれの家で醤油のもろみを仕込み、搾り師さんが各家を回って醤油を搾るのが当たり前だったそうです。

そんな素敵な文化を少しでも復活してきたらいいなあと思います。

 

よろこぶつち農園のブログ

http://yorokobutsuchi.blogspot.jp/

日々の作業の様子や販売のお知らせなど。

よろこぶつち農園Facebookページ

https://ja-jp.facebook.com/Yorokobutsuchi

よろこぶつち農園

オンラインショップ

http://yorokobutsuchi.cart.fc2.com/

農産物はこちらから購入していただけます。