米麹の試作

立春を過ぎ、雪も解けかけてきて春の気配を感じたのもつかの間、昨日からかなりの雪が降り、再び真冬の雪景色に戻ってしまいました。

そんな中、米麹の試作をしました。

麹つくりは毎年試行錯誤です。

去年は地域の加工場をお借りして仕込んだのですが今年はやっぱり自宅で仕込みたい。

まずは木製の麹蓋を自作するところから始めました。

地元の製材所から仕入れた檜の板で製作。

(麹蓋に関しては檜には抗菌作用があることや匂いが強いことなどから杉で作るのが一般的なのですが…。)

今回は4升のお米で仕込みました。

写真は蒸かしたお米に種麹をまんべんなく付ける「もみ込み」の様子です。

その後3日間のお子守です。

3日目の午後、外の雪のような真っ白な麹の花が咲いてくれました。

まずまずの出来ですが、箱の底の方の麹が柔らかく甘くなってしまいました。

箱の底の方が温度と湿度が高くなりすぎてしまったようです。

次回はもっと良い麹ができるよう管理を改良したいと思います。

今回の麹で甘酒とどぶろくを仕込んでみる予定です。

楽しみです♪

よろこぶつち農園のブログ

http://yorokobutsuchi.blogspot.jp/

日々の作業の様子や販売のお知らせなど。

よろこぶつち農園Facebookページ

https://ja-jp.facebook.com/Yorokobutsuchi

よろこぶつち農園

オンラインショップ

http://yorokobutsuchi.cart.fc2.com/

農産物はこちらから購入していただけます。