大豆の収穫と麦蒔き

お米の脱穀が終わり、ホッとする間もなく次は大豆の収穫が待っています。

お米の脱穀が遅れた関係で大豆の収穫も少し遅くなってしまい、すでに莢がはじけ始めたり、野ネズミにかじられたりし始めています。

刈るのは刈払機でやると早いですが、少々仕事が荒い。

人手がある時は地道に手鎌で刈るのが確実だったりします。

というのも刈った後は束ねてひもで縛らなければならないので、刈りながらきれいに揃えて置いていけるのは人間にしかできません。


束ねた後は畑の端にハザを立てて架け、脱穀まで十分乾燥させます。

この時、大豆がポロポロ落ちてしまうのがもったいない~。

大豆は、種蒔きの後は土寄せを2~3回しただけでほとんどほったらかしでよく実ってくれましたが、収穫に一番手間がかかるかもしれません。

大豆を収穫した後の畑は麦の種を蒔くためすぐにトラクターで耕します。

手押しの播種機「ごんべえ」を押して、小麦、大麦の種を蒔きました。

今年は小麦の品種を変更、パン用小麦のユメカオリは蒔かず、八ヶ岳の知り合いから分けてもらった南部小麦を蒔いてみました。

南部小麦は中力ながらグルテンが比較的多く、うどんにもパンにも両方いけるという品種、うまく育つといいな。

でも、畑の場所が足りないためしょうがないのですが、大豆の収穫の後に麦を蒔こうとするとどうしても11月上旬になってしまい、麦の播種時期としては少し遅くなってしまうのが難点です。

できれば10月中には蒔きたいところです。


この日は普段お世話になっている森の子堂鍼灸院のご夫妻に手伝っていただいて、雨降り前に何とか蒔き終わりました。

ありがとうございました。

翌日は予報どおり本降りの雨、これで順調に発芽するはず。


大豆畑は全部で4枚あるのでこの後もまだまだ大豆刈り続いていましたが、ようやく終わりが見えてきました。

手伝ってくださった皆様ありがとうございました!



よろこぶつち農園のブログ

http://yorokobutsuchi.blogspot.jp/

日々の作業の様子や販売のお知らせなど。

よろこぶつち農園Facebookページ

https://ja-jp.facebook.com/Yorokobutsuchi

よろこぶつち農園

オンラインショップ

http://yorokobutsuchi.cart.fc2.com/

農産物はこちらから購入していただけます。