稲刈り前のきつい重労働

稲刈りに向けて大事な作業の一つに「よけ掘り」があります。

山の棚田は山側から常に水がしみ出していることが多く、排水口から水を払うだけではいつまでたっても水が抜けず、田面が柔らかいままで稲刈りの機械が入れないということになってしまいます。

そこで、山側からの水を止め、乾きやすくするために「よけ」と呼ばれる溝を掘る作業が必要になります。

既に「よけ」がある田んぼでは春から夏の間に泥や草がたまっているのでもう一度スコップで掘り直します。

新しく借りた田んぼで「よけ」がない田んぼはスコップで新たに掘ることになります。

水をたっぷり含んだ土や泥は重く、これが本当に地道できつい作業なのです。

写真の田んぼは今年新たに借りた田んぼで水の抜けにくいぬかるむ田んぼ。

きついけれどやらなきゃ稲刈りは始まらない…

 

いもち病のその後、冷たい水の当る水口の近くは穂いもちがかなり出ています。

いもちにかかった穂は白く枯れてしまっています。

いもち病を出さない環境をどう作るか、来年に向けての課題です。


よろこぶつち農園のブログ

http://yorokobutsuchi.blogspot.jp/

日々の作業の様子や販売のお知らせなど。

よろこぶつち農園Facebookページ

https://ja-jp.facebook.com/Yorokobutsuchi

よろこぶつち農園

オンラインショップ

http://yorokobutsuchi.cart.fc2.com/

農産物はこちらから購入していただけます。