手前醤油作りにチャレンジ

先日、前からやってみたかった手前醤油作りにチャレンジしました。

毎年、味噌は自前の大豆とお米で仕込んでいるのですが、醤油はハードルが高くなかなかできないでいました。

今年こそはやりたいなと思っていたところに縁あって穂高の宮崎さんの醤油麹作り講座に参加することができました。

そこで何とかできそうだなという感触を得て、農作業も忙しくなる時期ですが、合間を縫ってやってみました。

初めに、昨年収穫した自然栽培の小麦をほうろくで焦げないように焙煎します。

直径40㎝程のほうろくなので少しづつしかできないのが大変。

4㎏の小麦を炒るのもかなり時間がかかってしまいました。

炒り終わった小麦を製粉機で粗びきに挽き割り、前々日から浸しておいた大豆を蒸かします。

蒸かしあがった大豆と挽き割った炒り小麦を混ぜ合わせ、粗熱が取れたところで醤油用の麹菌を混ぜ合わせます。

よく混ぜ合わせたら木製の麹蓋に盛り込みました。

麹蓋は麹屋さんが使っていたものを中古で譲ってもらいました。

その後、浴室を麹室にしてお風呂のお湯と電気ストーブを使って保温し、4日間温度管理をしながら面倒を見ます。

温度が上がりすぎてしまうと納豆菌が優勢になって納豆になってしまうらしいので気を使います。

ピーク時は深夜も時々見てあげないといけないので、ゆっくり寝ることができないのがつらいところ。

4日後の朝、温度も下がり、無事に出麹となりました。

初めてのわりにはうまく出来たのではないでしょうか。

すぐに塩切をして水を加えて仕込み完了です。


あとは微生物の働きに任せて約1年寝かせて熟成を待ちます。

1年後にどんなお醤油になるのか今から楽しみです。

発酵食品とそれを育んできた日本の食文化は本当に素晴らしいなと改めて思いました。

よろこぶつち農園のブログ

http://yorokobutsuchi.blogspot.jp/

日々の作業の様子や販売のお知らせなど。

よろこぶつち農園Facebookページ

https://ja-jp.facebook.com/Yorokobutsuchi

よろこぶつち農園

オンラインショップ

http://yorokobutsuchi.cart.fc2.com/

農産物はこちらから購入していただけます。