大豆の収穫と麦蒔き

先日、大豆がカラカラになってきたので収穫をしました。

既に一部の莢ははぜて豆がこぼれているものもあり少し遅いくらい。

去年までは手鎌で刈っていたのですが、今年は刈払機に「まめらっく」というアタッチメントを付けて刈ってみました。

これを付けると刈った大豆の株がバラバラにならずに束状にまとまってくれるというもの。

やってみると、うまく束状にまとまってくれる所もあればうまくいかなかったりと意外と難しいです。

特に大豆が倒れ掛かっている所や草が多い所などはなかなかうまくいかない。

それでも手鎌で刈るよりははるかに作業が早く終わりました。

エンジン音や排気ガス臭いのは不本意ではありますが。

刈った大豆はとりあえず畦際に寄せてすぐにトラクターで耕耘し、麦の種を蒔きました。

本当はもう少し早く、10月中には蒔き終えたかったのですが、イセヒカリの稲刈りをしたり、タイミング悪く雨が降ったりして遅れてしまいました。

冬の到来が遅いことを祈るのみです。

麦は、大麦、中力小麦、パン用小麦(ユメカオリ)の3種。

去年よりは面積を増やして、全部で1反くらい。

小麦粉として販売することや、うどんや醤油を自給したいという思いもあるので、本当はもっと増やしたいところですが、現在借りている農地ではこのくらいが精いっぱい。

また、麦の収穫の時期は6月下旬から7月初旬で、ちょうど田んぼの除草に忙しい頃でもあり、作業的に両立できるかどうかという問題もあります。


麦を蒔き終わったところで、畦際に寄せてあった大豆を紐で縛って屋根の下にハザ掛けしました。

雨降り前に何とか終わらせました。

(この後、農園主はホッとしたのか熱を出してダウンしてしまいましたとさ。)

脱穀まで十分に莢を乾かします。


よろこぶつち農園のブログ

http://yorokobutsuchi.blogspot.jp/

日々の作業の様子や販売のお知らせなど。

よろこぶつち農園Facebookページ

https://ja-jp.facebook.com/Yorokobutsuchi

よろこぶつち農園

オンラインショップ

http://yorokobutsuchi.cart.fc2.com/

農産物はこちらから購入していただけます。