収穫した小麦でパンを焼く。

先月収穫したパン用小麦「ユメカオリ」でようやくパンを焼いてみました。

 

まず、脱穀した小麦を家庭用精米機にかけてごみを飛ばしてから、このために奮発して購入したドイツ製の製粉機で粉に挽きます。

この製粉機、中に小さな石臼が入っていてなかなか良い感じで挽いてくれます。

 

この状態がふすまも混じった全粒粉なのですが、このままパンにすると食べにくいのでふるいでふるいました。

サラサラの小麦粉が出てきました。

それでも、細かなふすまは混ざるので市販の粉に比べると茶色っぽいです。

 

この挽きたての粉でパンを仕込みます。

粉と水と塩と酵母のみのシンプルなパン。

酵母は出来れば自家製酵母といきたいところですが、今回は失敗の少ないホシノ天然酵母を使いました。

焼き上がりは上々、色は茶色っぽいですが、かむほどに小麦の味わいのする美味しいパンに焼きあがりました。

来年はユメカオリ、増産します!

よろこぶつち農園のブログ

http://yorokobutsuchi.blogspot.jp/

日々の作業の様子や販売のお知らせなど。

よろこぶつち農園Facebookページ

https://ja-jp.facebook.com/Yorokobutsuchi

よろこぶつち農園

オンラインショップ

http://yorokobutsuchi.cart.fc2.com/

農産物はこちらから購入していただけます。